2009年

イチ押しグルメ 知っとかな損やで!姫路洋食屋さん きっちんYujin【特典あり】

fujioka 2009年12月29日 by fujioka

ボランティアスタッフ藤岡の初記事です!
本日は、姫路市飾磨区にあります、
【洋食屋さん きっちん Yujin(ゆーじん)】を、取材してきました! 😎
姫路市飾磨区蓼野町63パルネット蓼野104
TEL:0792-33-8101

知人夫婦のおススメのお店ということで、お食事がてらに突撃取材です!
Yujinは、2002年2月22日にオープン以来、
地元に愛されるどこか懐かしい感じの洋食屋さんです。

お店のこだわり、№1は何ですか?

・・・ない!!

えっ!? 😯

いきなりパンチを浴びてしまいました(笑)、
実はマスターの亀澤さんはとってもテレ屋さんだそうです。
マスターのご友人夫婦が代わりにお話ししてくださいました。

(友人夫婦のコメント)
このお店は、手作りにとことんこだわっています。
ドレッシングもデザートも、すべて手作りなんです。
こだわってて、美味しいので、他の人にもかなりおススメしています。
私らが食べに来て、デザート頼むと「やめてくれ」って言います。
手作りのため、たくさんの数が作れないから(笑)
あ、普通のお客様にはちゃんと出してくれますよ~(笑)

(藤岡)

なるほど、ドレッシング、デザートも手作りとは、こだわりが感じられますね。
そして、このドレッシング、かなり美味しいです!!
基本をベースに、アイデアで生まれたドレッシングだそうです。

本日はちょうどクリスマス前ということで、クリスマスコースを注文。
ドレッシングやソースは、素材の味を邪魔しない上品な味わいで、
コース内容も食べ応えがあり、おいしくいただきました。内容はご来店して確かめる価値ありですよ♪

ちなみに、タンシチューも味見させていただきましたが、すっごくおいしい~!
タンがやわらかすぎて・・・ほっぺたが落ちそうな感じです(笑)
このタンシチューは2日以上コトコト煮込まれ、丹精込められた一品です。

ここで、常連さん登場!
なので、常連さんにも取材してみました!

Yujinの魅力はどこですか?

(常連さんのコメント)
注文受けてからつくりだすとこですかねぇ。
ほとんど作ってから温めるお店もありますが、
すべて注文してから、揚げ物もパン粉つけるところからです。
オープンキッチンなので、全部見えるんです。 :mrgreen:
マスターがお一人でつくるので、ちょっと時間はかかりますけどね、待つのは苦になりません!
あとは、マスターは人見知りしますけど、奥さんの人柄が素晴らしい!
週に2,3回は来てしまいますね~。

Yujinに来られたキッカケは?

(常連さんのコメント)
もともと友人とよく食べ歩きをするんです。たまたまこの店に入ったんですよ。
そしたら、ハンバーグがね~。普通ハンバーグいうたら牛でしょう、鶏なんですよ~。
それもね、ちょっと余っていて、それをわざわざ食べさせてくれたんです。
お金とられてません、メインのハンバーグですよ。
儲けを考えてないんちゃいますか。
そのハンバーグの味と心意気に感動させられまして・・・今に至るわけです。

(藤岡)
1回のご来店から、お客様を虜にしてしまうとは・・・、
お客様が常連さんになりやすいあったかい雰囲気と、
虜にさせるお料理のお店のようです。常連さんからビールをご馳走になっていました。

Yujinのメニューはシンプルで素朴なものが多いです。
洋食に慣れていない方にも気軽に入って注文できるお店です。
カウンターとテーブル席での程良い広さの店舗も良い感じです。

最後の方にマスターが来て下さいました。

首筋を気にされていますのでどうされたか尋ねると、
「クリスマスコースの仕込みで包丁使い過ぎて・・・」とのことでした。
たくさんのお客様に喜んでもらえるには、やはり地道な仕込みが必要なんですね。

最後に、お店の名前「Yujin」の由来を教えてください。

(マスター談)
・・・友人に助けられたから。

ほんまはフランス語やイタリア語も考えたんやけど、
店だすときにたくさんの仲間に助けられたんや。

(藤岡)
素晴らしいですね。Yujin = 友人 なんですね。
お話を聞いている際にも、友人夫婦との会話の中で、○○が、とか共通のご友人のお名前がでていました。
学生時代からのご友人も多いようです。友人に支えられ、助けられ、背中を押されてお店をオープンされたそうです。

看板も友人の看板屋さんに、そしてパンは友人のパン屋さんと一緒に考え、
つくってもらっているそうです。このパン!中はフワフワですっごくおいしく、私のお気に入りになりました! 😛

人とのつながりをとても大切にされていると感じました。

★取材を通して

いきなりお店に行き、忙しい時間にもかかわらず(友人夫婦についていった強みで・・・)、
お客様にもご協力いただける素敵な洋食屋さんでした。
奥様もテレ屋さんで、写真はダメ~、とのことでしたが強引にマスターの働きぶりを撮影しました(笑)

一品一品を大切に、こだわってつくられている洋食屋さん、
奥さんのあったかい笑顔で迎えてくれる洋食屋さん。
派手なメニューやパフォーマンスではなく、我が家のような、でも我が家では味わえない
お料理を楽しめるお店「手作りにこだわる店」です。

大切な方とともにお店に訪れた際には、お店の名前の由来なんかも話してみてくださいね。

★取材特典

注文時にこの記事見た!って伝えると ☆ソフトドリンク1杯無料サービス☆ してくださいます♪ :mrgreen:
2010年3月末までです。寒さを吹き飛ばす、あったかいお料理とおもてなしをお楽しみください!

イチ押し代表 : 神戸ウーマン 代表 飯尾さま

hyogo 2009年12月21日 by hyogo
本日は大和社会保険労務士事務所の代表 大和雅美さんからのご紹介で
神戸ウーマン代表の飯尾絵美さんに突撃取材してきました。
神戸を中心に、女性の皆さんに幸せになって欲しいと
たいへん面白いサービスを展開しています。
過去の経歴もユニークでどこにも負けないサービスの持ち主です!
どこにも負けない
私は、もともとお見合いパーティの司会者を3年間やっていました。
外から恋愛を見てきたことで多くのこと学ぶことができました。
司会を務めているうちに、
「これはカップルになるな!」と思った場合は、
ほぼ的中で当たるようになりました。
やはりモテる男性、人気のある女性は、
「回りがよく見えて、空気をよんでいる人、相手を気づかうことができる人」
なんだと分かるようになりました。
この経験を活かし、恋愛セミナーを開催したところ大好評で
これをビジネスとして本年4月より展開するようになりました。
わたしの考える男女の仲というのは、
「お付き合いするまで」「お付き合いしてから」に絞られます。
特に、相手を気づかう姿勢は
お付き合いしてからの“結婚後”も大変重要です。
最近では、既婚者向けの研修も行うようになりましたが
これも大変好評を得ています。
わたしの考え方の視点は
両親が仲がいいと子供もうれしいと思うんです。
その結果として、子供はすくすく育つと思うんです。
みなさんはどう思いますか?
しっかりとコミュニケーションとれていますか?!
ちょっと胸がチクっとした人は
是非、研修を受けにきてくださいネッ(笑顔)
取材を通して
恋愛アドバイザーをされているということで
「どんな取材となるのか?」と思ったのですが、
飯尾代表の考え方の奥深さに感動した私でした。
とくに、男女の仲の「お付き合いしてから」の部分で
婚約後、“両親の仲がいいと、子供がすくすく育つ”の言葉に
考えさせられるものがありました。
子供は素直なものです。
わたしの子供は2歳ですが、
私と家内が口喧嘩すると笑顔がありません。
悲しい顔をしています。きっと何か感じることがあるのでしょう。
私の知人でも、
子供にこれ以上、夫婦仲が悪いのを見せたくないから別居、
そして最終的に離婚したというケースがあります。
飯尾さんは、仲の良いの親子関係は、子供をすくすくと育て
こういった家族の繋がりが、たくさん広がることが
現在の世の中に必要ではと警鐘されています。
取材を通じて、「仰るとおり」を何回連発したか分かりません。。。
口々に「よく最近の若者は・・・」という言葉は
相変わらず絶えませんが
大人に多くの責任があるようにも思います。
子供は大人を見て育つともいいます。
ちょっと夫婦間の仲でコミュニケーションが円滑にとれていない方は
是非、研修を受けてみてください。
また、この飯尾代表、いろいろとされているんです!
皆さんは「護身術」って聞いたことありますか?
よくテレビとかで強そうな師範のようなオジさんが出てきて
腕とかひねって、「アイタタタ」ってやっているやつです。
この護身術を教えているんです。
飯尾代表曰く
「テレビでやっているような男性の護身術は女性には出来ないんです、、、」
女性が一番怖いのは上から乗られる、こかされることです。
女性が襲われることを想定してできた護身術が「インパクト」というものがあります。
私自身が2年ほどストーカー被害にあったり、
すんでいたマンションで強盗がはいったりと
身近で危険を感じたことがありましたので
自分の身は自分で守らなければと取り組みをはじめました。
自分を守ることができる自信があることで
相手にNOといえることができると思うんです。
現在、子供と2人で住んでいるので
自分のためでもありますが、子供も守ることからも
はじめたことがキッカケでもあります。
強姦事件は報告ベースで年間2万件、そのうち室内での犯行が7割なんです。
自分は大丈夫!とみなさん思われているかもしれませんが、
備えあれば憂い無しだと思います。
護身術の先生はほとんどが男性ばかりです。
女性の力、女性の気持ちを知った私だからこそ
できるサービスだと考えています。」
自分の経験もあり、沢山の女性に襲われることを
想定した護身術「インパクト」を広めたいとのことです。
お若いのに立派だなぁ~と関心関心です。
あと、私が面白いなぁ~と思ったサービスのご紹介です。
「管理者向け、モテ力養成コース」
飯尾談
「たくさんの女性を部下を持つ男性の方は多いと思うのですが
口々にいうのが、「全く言うことを聞かない!」「何を考えているか分からない」などなど
否定的な言葉ばかりです。
難しいことを考えるのではなく
要は女性メンバーは(上司に対し)心を開いていないから
コミュニケーションが上手く取れていない。
これにつきると思うんです。
この上司は部下から全くモテていないのです!
恋愛も仕事も同じ、異性間との円滑なコミュニケーションは
相手を「認める=好き」になるところから始まると考えます。
会社で上司がマネジメントをする上で、
部下からモテないと周りはついてきません。
部下が心を開かなければ、いつまで経っても平行線。
モテ力で組織の円滑化を図りませんか?!」
この管理者向けの「モテ力養成コース」が、ウケにウケているようです。
これは取引先との商談にも使え、相手に心を開いてもらえなければ
スムーズな商談はできません。
営業マンの研修としても採用している企業もあるようです。
この「モテ力」をつくる企業研修が大人気とのこと。
「モテ力」で相手の心を開き
コミュニケーションでお互いの仲を円滑にする
新たな研修、みなさん如何ですか?
わたしもさっそく受けてみたくなりました!
このモテル力「モテ力」で
来年は商売繁盛したいと思う編集長でした(笑)

本日は大和社会保険労務士事務所の代表 大和さんからのご紹介で
神戸ウーマン代表の飯尾さんに突撃取材してきました。

神戸を中心に、女性の皆さんに幸せになって欲しいと
たいへん面白いサービスを展開しています。
過去の経歴もユニークでどこにも負けないサービスの持ち主です!

ho1

Q.ここだけは絶対に負けないところ、イチ押しサービスについて教えてください。

私は、もともとお見合いパーティの司会者を3年間やっていました。
外から恋愛を見てきたことで多くのこと学ぶことができました。

司会を務めているうちに、「これはカップルになるな!」と思った場合は、
ほぼ的中で当たるようになりました。

やはりモテる男性、人気のある女性は、
「回りがよく見えて、空気をよんでいる人、相手を気づかうことができる人」
なんだと分かるようになりました。

ho2

この経験を活かし、恋愛セミナーを開催したところ大好評で
これをビジネスとして本年3月より展開するようになりました。

わたしの考える男女の仲というのは、
「お付き合いするまで」「お付き合いしてから」と考えています。

特に、相手を気づかう姿勢は
お付き合いしてからの“結婚後”が大変重要です。
最近では、既婚者向けの研修も行うようになりましたが
これも大変好評を得ています。

わたしの考え方の視点は
両親が仲がいいと子供もうれしいと思うんです。
その結果として、子供はすくすく育つと考えます。

みなさんはどう思いますか?
しっかりとコミュニケーションとれていますか?!

ちょっと胸がチクっとした人は
是非、研修を受けにきてくださいネッ(笑顔)

ho3

取材を通して

恋愛アドバイザーをされているということで
「どんな取材となるのか?」と思ったのですが、
飯尾代表の考え方の奥深さに感動した私でした 😀

とくに、男女の仲の「お付き合いしてから」の部分で
婚約後、“両親の仲がいいと、子供がすくすく育つ”の言葉に
考えさせられるものがありました。

子供は素直なものです。

わたしの子供は2歳ですが、
私と家内が口喧嘩すると笑顔がありません。
悲しい顔をしています。きっと何か感じることがあるのでしょう。

私の知人でも、
子供にこれ以上、夫婦仲が悪いのを見せたくないから別居、
そして最終的に離婚したというケースがあります。

飯尾さんは、仲の良いの親子関係は、子供をすくすくと育て
こういった家族の繋がりが、たくさん広がることが
現在の世の中に必要ではと警鐘されています。

取材を通じて、「仰るとおり」を何回連発したか分かりません。。。 😳

口々に「よく最近の若者は・・・」という言葉は相変わらず絶えませんが
大人に多くの責任があるようにも思います。
子供は大人を見て育つともいいます。

ちょっと夫婦間の仲でコミュニケーションが円滑にとれていない方は
是非、研修を受けてみてください。

ho8

また、この飯尾代表、いろいろとされているんです!

皆さんは「護身術」って聞いたことありますか?

よくテレビとかで強そうな師範のようなオジさんが出てきて
腕とかひねって、「アイタタタ」ってやっているやつです。
なんと、この護身術を教えているんです 😯

飯尾代表曰く
「テレビでやっているような男性の護身術は女性には出来ないんです、、、
女性が一番怖いのは上から乗られる、こかされることです。
女性が襲われることを想定してできた護身術が「インパクト」というものがあります。

私自身が2年ほどストーカー被害にあったり、
すんでいたマンションで強盗がはいったりと身近で危険を感じたことがありましたので
自分の身は自分で守らなければと取り組みをはじめました。

自分を守ることができる自信があることで相手にNOといえることができると思うんです。

強姦事件は報告ベースで年間2万件、そのうち室内での犯行が7割なんです。
自分は大丈夫!とみなさん思われているかもしれませんが、備えあれば憂い無しだと思います。

護身術の先生はほとんどが男性ばかりです。
女性の力、女性の気持ちを知った私だからこそ
できるサービスだと考えています。」

ho7

自分の経験もあり、沢山の女性に襲われることを
想定した護身術「インパクト」を広めたいとのことです。
お若いのに立派だなぁ~と関心関心です 😯

あと、最後にもう一つ!

私が面白いなぁ~と思ったサービスのご紹介です。

「管理者向け、モテ力養成コース」

飯尾談
「たくさんの女性を部下を持つ男性の方は多いと思うのですが
口々にいうのが、「全く言うことを聞かない!」「何を考えているか分からない」などなど否定的な言葉ばかりです。

難しいことを考えるのではなく
要は女性メンバーは(上司に対し)心を開いていないから
コミュニケーションが上手く取れていない。

これにつきると思うんです。
この上司は部下から全くモテていないのです!

恋愛も仕事も同じ、異性間との円滑なコミュニケーションは
相手を「認める=好き」になるところから始まると考えます。

会社で上司がマネジメントをする上で、部下からモテないと周りはついてきません。
部下が心を開かなければ、いつまで経っても平行線。

モテ力で組織の円滑化を図りませんか?!」

ho5

この管理者向けの「モテ力養成コース」が、ウケにウケているようです。

確かに面白いサービスです 😀

これは取引先との商談にも使え、相手に心を開いてもらえなければ
スムーズな商談はできません。
営業マンの研修としても採用している企業もあるようです。

「モテ力」で相手の心を開き
コミュニケーションでお互いの仲を円滑にする
新たな研修、みなさん如何ですか?

わたしもさっそく受けてみたくなりました!
このモテル力「モテ力」で来年は商売繁盛したいと思う編集長でした(笑) 😎

ho4

とにかく女性に幸せになって欲しい!
素敵な家族を築いて欲しい!
と積極的に動かれている飯尾代表でした。

企業データ
神戸ウーマン http://www.kobewoman.net/

イチ押しサービス 社団法人ひととまちサポート 理事 越智様 「老い支度サービス」

hyogo 2009年12月18日 by hyogo
本日は、「老い支度(おいじたく)サービス」を
企画された社団法人ひととまちサポート 理事の越智様です。
誰にも必ず訪れる「老い」。
この「老い」に対して真正面から向き合い、
サービス企画をされたのが越智社長様です。
自分が老いること、両親が急に亡くなった時のことを考え、
サービスを企画されたとのことです。
Q.ここだけは絶対に負けないところ、イチ押しサービスについて教えてください。
今までは、「老い」に不安を覚え
真正面から取り組まずに
目をそむけてきたように思われます。
これからの日本は高齢化が進みますが
楽しく安心な社会基盤が必要と思い、
「老い支度サービス」を企画しました。
今後お年を召されるにあたって
不安・悩み・心配・孤独感はありませんか?
例えば、体が自由に動かなくなったら?
認知症や寝たきりになったら?など。
また、ご両親が介護が必要になった際に
医療介護や施設の相談をできる人が身近にいるでしょうか?
急にご家族が亡くなられた場合
葬儀や諸手続の相談ができるような
信頼できる人が身近にいるでしょうか?
「老い支度サービス」はこれからの高齢社会の中で、
きっと役立つ、必要とされることだろうと考えて立ち上げたものです。
入会金2000円と、年会費1200円で会員になった方には、
何か生活の中で困ったなと思えば電話してくだされば
プロを派遣するというものです。
家の片付けやリフォーム、介護や、それこそなんでも相談をというもの。葬儀の相談のプロもいますので。
来年は、例えば「成人後見人について」や、「保険の見直し」「相続のこと」など、
プロを招いてのセミナーも定期的に開催し、会員に向けて案内していく予定です。
また、それに連携した様々の業者も、今からウエルカムで登録制としていきたいと考えています。
人と、企業をつなぎ、どちらにも利点があるシステムを作っていきます。
取材を通じて
この聞き慣れない「老い支度」サービス、
料金がなんと1世帯 初期費用2000円 月額100円なんです!
何か困ったことがあったら100円で
プロに相談できるサービスなんです。
もうほんと取材を通じてビックリ仰天でした。
まさに「知っとかな損やで!」というサービスです。
わたくしは、越智社長さまと同じく一人っ子なので、
もし急に両親が介護が必要になったり、
亡くなったときのことを考えると大変です。
何を誰に相談して良いか考えてしまいます。
それが月額100円で、プロに相談できるとなると
最高に安心です。
まさに老い支度は
これから老いる本人も安心!
そして残された者も安心!
みんながハッピーな素晴らしいサービスです。
また現在のように情報があふれている現代社会において
信頼ある業者選びは大変重要です。
「老い支度」に登録される業者は
越智社長様が信頼できる人のネットワークで構築されていますので
業者選びには安心感があります。
今回の取材で越智社長様がおっしゃられた
次の言葉に感動しました。
「誰かが先頭をきって軸になり、器を構築する必要がある、
と思いこのサービスを実施しようと思いました。
老後になっても安心な社会基盤を各地区で構築することが
現在の日本では必要です。そのため、まず私が走り出しました」
越智社長様は、各地で点在しているサービスを線として結び、
そして地域といったカテゴリーで面へとして展開し
安全な社会基盤づくりに貢献されていることは凄いです。
また、越智社長様ですが、その他にも
車椅子の方が簡単に着られるようなウエディングドレスや
お年を召された方でもスムーズに着脱ができるよう
ファスナーがスムーズに上下できるような服飾事業にも参加されています。
「ハンディがあっても高齢になっても誰しも“おしゃれ”したい。」
そんな当たり前のことを叶えるため、
お手軽な価格で洋服をプロデュースしておられます。
http://www.mirai-ks.com/haduki/index.html
越智社長様からのメッセージです。
「今の時代、一人で、一社で何かができるという時代ではないと思います。
みんなとだから出来て、それが力となるのではないかと」
写真
社名の「未来共創」のとおり
未来を見越してサービス展開を行う
常にワクワク感をもらえる
元気ハツラツな社長様でした!
越智社長様は株式会社「未来共創」の代表取締役で
毎月、朝日新聞地域情報紙「ASぽけっと」と、暮らし応援新聞「マグミン」を発行を発行しております。
また、企業も元気であってほしいと願い少しでも押さえた予算の中での
広報全般のアドバイスなども行い、HP、チラシやパンフレット、携帯サイト

カルチャーのテキス

ト作成、また本日は、ユニバーサルプラン代表の田伏様からのご紹介で
「老い支度(おいじたく)サービス」を企画された
社団法人ひととまちサポート 理事の越智様です。

本日は、ユニバーサルプラン代表の田伏様からのご紹介で
「老い支度(おいじたく)サービス」を企画された
社団法人ひととまちサポート 理事の越智様です。

誰にも必ず訪れる「老い」。
この「老い」に対して真正面から向き合い、
サービス企画をされたのが越智様です。
自分が老いること、両親が急に亡くなった時のことを考え
サービスを企画されたとのことです。

 

oti1

Q.ここだけは絶対に負けないところ、イチ押しサービスについて教えてください。

これからの日本は高齢化が進みますが、
楽しく安心な社会基盤が必要と思い、「老い支度サービス」を企画しました。

みなさん、今後お年を召されるにあたって、
不安・悩み・心配・孤独感はありませんか?

例えば、体が自由に動かなくなったら?
認知症や寝たきりになったら?などなど。

また、ご両親が介護が必要になった際に
医療介護や施設の相談をできる人が身近にいるでしょうか?

急にご家族が亡くなられた場合には、
葬儀や諸手続の相談ができるような信頼できる人が身近にいるでしょうか?

ochi2

「老い支度サービス」は、これからの高齢社会の中で、
きっと役立つ、必要とされることだろうと考えて立ち上げたものです。

入会金2000円と、年会費1200円で会員になった方には、
何か生活の中で困ったなと思えば
電話してくださればプロを派遣するというものです。
家の片付けやリフォーム、介護や、それこそなんでも相談をというもの。
葬儀の相談のプロもいますので。

来年は、例えば「成人後見人について」や、「保険の見直し」「相続のこと」など、
プロを招いてのセミナーも定期的に開催し、会員に向けて案内していく予定です。
また、それに連携した様々の業者も、今からウエルカムで登録制としていきたいと考えています。
人と、企業をつなぎ、どちらにも利点があるシステムを作っていきます。

ochi5

取材を通じて

まず驚いたのはこの「老い支度サービス」、
なんと1世帯:月額100円なんです! 😯
何か困ったことがあったら100円でプロに相談できるサービスなんです 😀
もうほんと取材を通じてビックリ仰天でした。
まさに「知っとかな損やで!」というサービスです :mrgreen:

私は、越智様と同じく一人っ子で兄弟がおりませんので、
もし急に両親が介護が必要になったり、
亡くなったときのことを考えると大変です。
何を誰に相談して良いか考えてしまいます。
それが月額100円で、プロに相談できるとなると最高に安心です。

まさに「老い支度サービス」は
これから老いる本人も安心!そして残された方も安心!
みんながハッピーな素晴らしいサービスです。

また現在のように情報があふれている現代社会において
信頼ある業者選びは大変重要です。
「老い支度サービス」に登録される業者は
越智様が信頼できる人のネットワークで構築されていますので
業者選びには絶対の安心感がありますね。

ochi6

今回の取材を通じて
越智社長様がおっしゃられた次の言葉に感動しました。

「高齢化社会について誰かが先頭をきって軸となり
受け皿を構築する必要があると思い、このサービスを実施しようと思いました。
老後になっても安心な社会基盤を各地区で構築することが
現在の日本では不可欠です。そのため、まず私が走り出しました」

越智様は、各地で点在しているサービスを線として結び、
そして地域といった面で安全な社会基盤作りをなされています。
もう凄い!としか言葉がありません。

ochi7

またその他にも
車椅子の方が簡単に着られるようなウエディングドレスや
お年を召された方でもスムーズに着脱ができるよう工夫された
服飾事業にも参加されています。

「ハンディがあっても、高齢になっても誰しも“おしゃれ”したい。」

そんな当たり前のことを叶えるため、
お手軽な価格で洋服をプロデュースしておられます。
http://www.mirai-ks.com/haduki/index.html

最後に越智様からのメッセージです。
「今の時代、一人で、一社で何かができるという時代ではないと思います。
みんなとだから出来て、それが力となるのではないかと」

ochi3

越智様は株式会社「未来共創」の代表取締役でもあり、
毎月、朝日新聞地域情報紙「ASぽけっと」と、
暮らし応援新聞「マグミン」の発行をされています。

また、企業が元気であってほしいという願いから、
押さえた予算の中での広報全般のアドバイスをされたり、
HP、チラシやパンフレット、携帯サイト、カルチャーのテキスト作成、
また出版のお手伝いなどもされております。

社名の「未来共創」のとおり、
まさしく未来を見越してサービス展開を行っておられます。

常にワクワク感を周りの人に与える、
元気ハツラツな社長様でした!

企業データ
株式会社未来共創
http://www.mirai-ks.com/