2010年1月14日

姫路:イチ押し人物 よさこいで地域貢献 藤岡美穂さん

hyogo 2010年1月14日 by hyogo

本日は、「姫路よさこい祭り」に第1回から出場し
本年で10年目、「よさこい祭り」に人一倍熱い思いをもつ藤岡美穂さんです。

「よさこい」を通じて地域貢献をしている人を取材というこで
お祭り好きな男性をイメージしていたのですが
超ベッピンさんが登場してきたのでびっくり仰天の編集長した :mrgreen:

まず、「よさこい」について私自身が
あまり理解をしていなかったので
どういったものなのか素朴に聞いてみました。

「よさこい」の歴史は1954年(昭和29年)に
徳島の阿波踊りに対抗する形で
高知商工会議所有志により
第一回「よさこい祭り」が開催されたことが発祥のようです。

藤岡さんの「よさこい」ヒストリーはというと
ちょうど今から約10年前に姫路地区で
「よさこい祭り」が開かれた時となるようで、
「姫路第1回よさこい祭り」の広告を見て
「面白そう!わたしも参加したい」と自ら実行委員会に連絡したことが
藤岡さんの「よさこい物語」の始まりのようです。

いまでこそ全国的に有名な「よさこい」ですが
この当時、姫路で「よさこい」について知っていた人は
あまりいなかったのではないでしょうか?!

この藤岡さん、「姫路よさこい祭り」に
第1回目は実行委員会として参加、
第2回目からは自らチームを作って参加し、
昨年の第10回大会まで皆勤賞で参加している 😯
“あくてぃぶ~”な女性なのです。

「よさこい」について全く無知な私は
こんな質問を 藤岡さんに質問してみました。

「よさこい」に何でそんなに夢中になれるんですか?

(藤岡)
まず、皆で一つの目標に向かって毎週練習し、
大会で披露した後の充実感がたまらないのです 😳

学生の頃は部活動などで目標に向かって練習し、
結果として勝ったり負けたりして
メンバーと苦楽をともにし、感動があると思うのですが

この歳になっても充実感を味わえる機会をもたしてくれるのが
「よさこい」なんです! 😀

あと、この「よさこい」があることによって
メンバーと繋がりがもてるんです!

例えば、一般的に友達という繋がりは
結婚し、子供が生まれたりすることによって
少しずつ繋がりが薄れていくと思うんです。

しかし、私たちは「よさこい」があることによって、
皆と繋がりがもて、そらに結婚した場合は
旦那さんや奥さん、子供さんといったメンバーが
どんどん増えていっている状況です。

取材を通じて

「よさこい」とは
皆を元気にする、地域を明るくする、結果として幸せになる!
そんな想いで藤岡さんは活動しています。 😀

「よさこい」は、男女、年齢関係なく
皆で一緒に楽しめるので
これからもどんどん広げていきたいと
ほんとアクティブーに活動されています。

今回、藤岡さんに取材をしまして
新しい地域貢献の姿を垣間見ることができました。

私編集長は踊りのセンスが無く
さらに音痴でありますが
一度は「よさこい」にチャレンジしてみたいと思いました。 😎

藤岡さんが所属するチーム恋-Ren-です
「姫路よさこい祭り」10年連続出場の皆勤賞は凄い!

夢中で踊って楽しさに目覚めてしまって、、、
もう10年踊り続けています。

「よさこい」で出会い、そして結婚した方もいらっしゃるとのこと。。

好きなメンバーと「よさこい」を通じて
いくつになっても一緒にいることができる、そして楽しむことができる
こんな素晴らしいことがありません。

これからも、どんどん広げて行きたいとのことです!