2010年4月

イチ押しサービス 姫路 ヒロノクラフト

fujioka 2010年4月29日 by fujioka

協力スタッフの藤岡です。

今回は姫路で鉄工所を経営しながら、モノづくりアイデア職人(藤岡命名)として
活躍されているヒロノクラフトに突撃取材です!

ショップデータ

ヒロノクラフト 株式会社広野鉄工所
〒670-0061 兵庫県姫路市西今宿1丁目3-17
TEL:079-297-8628  FAX:079-297-8625
http://www.hironocraft.com/

代表取締役の美安良一さん(49)は大学を卒業後、大手化粧品メーカーに8年勤務され、
ご結婚を機に㈱広野鉄工所に入り、職人としてイチからモノづくりをはじめられました。
そして遊び心ではじめたアイデア商品をはじめ、今では全国に素敵な表札を届けておられます。

写真:彫金の銅のクローバー、塗装では表現できない味わい

―ヒロノクラフトを始められたキッカケは?

鉄工所では与えられた図面より加工したモノづくりをしていました。
そのうち自分でイメージしたものもつくりたいと思い、石を削る技術があったので、
その石にデザイン、彫刻して、青山花苑(花屋)さんに飛び込みでもっていったんです。

―え、売り込みにいったのですか?

ええ、そしたら「ユニークでいいですね!!」って喜んでいただいて、商品としておいてもらえることになりました。

ある日、青山花苑さんのお客様が石に名前を入れて欲しいと・・・、
初めて石の表札をつくることになったのです。

金額設定も何も考えずにいたので、お客様の言い値を聞いたらビックリする金額が・・・内緒ですけど(笑)

石の彫刻って永遠に残りますよね。

彫刻も好きで、インカ、エジプトとか何千年たっても残っているでしょう、ロマン感じない?(笑)

石に刻んだ名前は一生ものの価値になるのだと気づきました。

それから、住宅展示場などで「表札デザイン&ガーデンプラン展」などやっていきましたね。

―すごいですね~、お客様の要望に応えたところから表札は生まれたのですね。

そうですね、お客様の希望と自分のイメージをすり合わせて、形にしてきました。

LEDを使い特許をとったガラスの表札もあります。<平成18年 特許取得 特許第3780459号>

透明なガラスの向こうに映る素材(テラコッタ、タイル)などが見え彫刻が浮き上がって見える表情が好きです。

ガラスの表札も昼間はいいのですが、夜の表情が寂しい・・とお客様の声があり、

昼間の意匠を損なわないようにLEDをガラスに固定する支柱に組み入れました。

(藤岡)

お客様の声を聞き、喜ばせたい、驚かせたいという想いからどんどんアイデアが膨らみ、特許までとられたパワーは素晴らしいですね。

商社からの注文だと拾いきれないお客様の直接の声を聞けること、お客様との信頼関係をとても大切にされておられます。

―お客様との直接のやり取りですと、評価もダイレクトですね。

お礼のお手紙もたくさんいただき、地元のお菓子なんかを送って下さったり・・・。

コメントに「ありがとうございます、でも紹介はしません!」って(笑)、近所に紹介したくない、ウチだけの表札って思ってもらえています。

工務店とのやりとりで満足できなかったけれど、表札作りでとことんこだわって、やっと満足できる家になったとか、

ヒロノクラフトの表札にあうガーデン設計をしてほしいとの依頼もありました。

写真:外構の設計、施工

(藤岡)

表札にあうガーデンってすごい依頼ですね。
美安さんは出来上がった表札やポスト(作品)をホームページのブログに写真とともに掲載していらっしゃいます。
そのコメントにはお客さまからのお礼の言葉もたくさん・・・。本当に喜んでいらっしゃるのが伝わってきます。

―こだわりのものを“カタチ”にしていくって難しくないのですか?

頭でイメージできたものは絶対できると確信しています。あとはどの方法でするかを考えて探っていく。

一番重要なイメージのすり合わせに時間がかかります。中には半年かかる人も・・・。

何でもできるとは言いません。イメージが出来上がるまでは作らないし、断ることもあります。アドバイスもさせてもらいます。

すべてにおいてバランスをとることが大切だと思っています。

お庭の石やレンガ、草木が風化するように、同じ時空の中で表札も一緒に風化していく素材を選んだり、

また手作りの工程の中で出来る打痕なども味わいだと考えています。

昔と違い表札は施主の名前ではなく、家のシンボルと思っています。

毎日見るものですからデザイン、イメージ、自分の気に入ったものが玄関を飾るこだわりですね。

「ここ(ヒロノクラフト)やったらしてもらえるかな」と思ってもらえると嬉しいです。

(藤岡)

すごいですね~、さすがモノづくりアイデア職人!

子供時代に木を削って鉄砲をつくったり、遊び道具を作ったり・・・

それがモノづくりの原点かもしれませんね、と少年のような顔をのぞかせる美安さん。

子供のころから培われた感性で、一つのモノを見るとこうしてみたい、あぁできるだろうかとアイデアが溢れてくるようです。

―ホームページもたくさんのアクセスをいただいているようですね

元々好奇心からはじめて・・・WEBにお客様の作品を載せていく、表現するための写真を載せたことが口コミで広がっていきました。

ホームページとして仕上げるまでは時間がかかりましたけどね。

ネットを通じて出会い、また発信できるすごさ、良いものを伝えることのできるホームページの重要性を実感しています。

最近プログラムから作った「フォントシュミレータ」は、わかりやすい、イメージしやすいと好評をいただいています。

―紹介してもらえない代わりに(笑)、インターネットで全国に広がっていったのですね

あまり大きな宣伝をしたくないですね。過去のお客様がいらっしゃるから今があるので、大切にしていきたいから・・・。

1つの町に1軒のヒロノクラフトの表札があれば・・・(笑)

しかし他社との競合もありますし、そこで楽天ショップにたどりついたんです。

(藤岡)

そうなんです!ヒロノクラフトは今年の春に楽天ショップを開店されました。

美安さんの長女のmaiさん(20)が店長に就任。mai店長にも突撃インタビューです!

―お父さんの仕事に対してどう思われていますか?

父はいつも新しいことに取り組んでいて、この仕事は父にしかできないと思っています。

面白い父の背中をみてきて、仕事を手伝うか?って言われた時は嬉しかったです。

面と向かっては言わないけど・・・、尊敬しています(照)

―お仕事始められて間もないですが、どんなことされていますか?

まずはメールチェック、アクセス確認からしています。

そしてイベントなども提案しています。今は「母の日プレゼント」を案内しています。

ブログも毎日更新して、新しいことをどんどん勉強しています。他のショップをチェックし、パソコンも勉強しています。

楽天ショップをオープンしてすぐに沖縄のお客様からご注文をいただいて、すごくビックリしました。嬉しかったですがちょっと慌てました(笑)

―最後に一言どうぞ!

すごく充実して楽しいです。父という力強い味方もいますので・・・。

いろんな人に見てもらえるページづくりを勉強していきます。

まだまだ未熟ですが、がんばっていきます!

(藤岡)

なんとも新鮮でちょっと照れながらのmai店長。

インタビューの途中でmai店長が私の高校の後輩、そして美安さんの奥様が先輩ということが発覚!

私はバドミントン部で、mai店長はバスケット部でしたが、私も顧問の先生を知っていて盛り上がりました。

女子バスケット部はかなり厳しい練習でしたが、強豪チームでmai店長の時代は県大会ベスト16まで進出したとか。

その厳しさで鍛えられた精神力が備わっているmai店長の今後が楽しみです。

―最後にコメントを・・・

娘のアイデアや楽天システムの理解力に感心します。そして楽天ショップは別と考えています。

ヒロノクラフトはお客様のこだわりを“カタチ”にする。

一期一会の言葉を大切にし、納得されるまで打ち合わせを重ね、心の伝わる作品をお届けしています。

でも、こういった打合せに抵抗がある人もいます。

そこで気軽に注文できるのが楽天ショップです。ボタン押すだけで買えてしまうほうが私には驚きですけど(笑)

そして、広野鉄工所の注文をされた図面を加工する、ヒロノクラフトの自由発想で作品を創る、

どちらかだけではなくバランスをとっていくことが大切で、面白いですね。

~取材を通して~

美安さんはバドミントン、ゴルフ、ダーツ、カメラ、映画、コンサート、グルメを楽しんでいらっしゃいます。

昨年はコーラスに誘われ、“まずはやってみる!”とういのが基本スタンスでコンサートホールにも出演しました。

最近ではTwitterも・・・

それぞれ楽しみながら仕事にも活かしておられるようです。

奥様と3人のお嬢さん、そして愛犬トイプードルのノンノ。家族も仕事もプライベートも大切にされ、素敵な毎日を送っていらっしゃいます。

長時間の取材になりましたが、最後まで楽しく、私までパワーをもらえる一日となりました!

こんなことできるのかな、こんなイメージをカタチにしてもらえるかな、という想いがある方はぜひ一度ヒロノクラフトに相談してみてはいかがでしょうか。

ヒロノクラフト ホームページ http://www.hironocraft.com/index.html

楽天ショップ http://www.rakuten.co.jp/hironocraft/

イチ押し代表:小野市 大島マイカーセンター 代表・カーライフアドバイザー 賀内さま

hyogo 2010年4月22日 by hyogo

本日ピックアップする方は、
「車のことなら何でもお任せください」の
カーライフアドバイザー、賀内代表です。

他社にどこにも負けないことを教えてください。

当店大島マイカーセンターは、新車中古車の販売から保険・メンテナンス整備・買取までを
ワンストップでお客様にご提供しています。

販売は、新車販売については全機種、
中古車販売は毎週5万車の中から選りすぐりの車を仕入れ、
お客様にご満足頂ける様な車を販売させて頂いております。

どこにも負けないところは、
お客様の車に関することのワンストップサービスと
わたくし賀内が時には営業マンであり、
時には整備士であるため、顔の見えるサービスで
お客様に信頼と安心をご提供できる点だと思っています。

取材を通じて

大島マイカーセンター様ですが、
なんと社歴が30年以上と聞いてビックリしました。
兵庫県の小野市を中心に地域密着サービスで
皆様に愛されていることが伝わってきます。

特に賀内さん!

ビシッと毎日スーツでキメているのかと思いきや、
自らが整備士となって車のメンテンスも行っておられることにビックリしました。

新車を全部扱える、中古車は毎週5万車からピックアップ、
そして保険の相談、万が一の調子が悪くなった時のアフターフォローまで、
営業窓口から整備の実施までを一環して相談できる人は
全国探せど、なかなかいないのでは?。。。と思いました。

まさに「カーライフアドバイザー」です。

兵庫県全域を対応しておられますので、
車のご購入をお考えの方は是非下記までご連絡してください。

<企業情報>
大島マイカーセンター
〒675-1334
兵庫県小野市大島町1349-1
0794-63-5600
http://www.o-mc.jp/index.php

神戸三ノ宮:立ち呑み居酒屋で味わう、めちゃ旨なステーキ とにかくお肉が美味しんです!

hyogo 2010年4月5日 by hyogo

本日は3月にオープンした、立ち呑み居酒屋で味わう、
めちゃ旨なステーキのご紹介です。
とにかくお肉が美味しんです!

現在、ダイエット中の編集長ですが
ダイエットそっちのけで、通いつめたくなるお店のご紹介です。

ショップデータ
立ち呑み居酒屋 ぜっぴん
http://www.zeppinn.com/
兵庫県神戸市 中央区雲井通4丁目 2−14
078-261-2655

とにかく「ぜっぴん」なものを出してくれるんです!

立ち呑みなので、価格もリーズナブルです。
右は生ピーナッツをあぶら味噌でいためた付出しです。
やみつきになる美味さです。よぉ、ぜっぴん! 😯

左上:蒸し鶏(400円)、右上:春キャベツのサラダ(300円)。

左下:牛のたたき(500円)、右下:鳥もも焼き(400円)

リーズナブルでとにかく美味いです。にくいねネ、ぜっぴん! 😎

この玉子焼きのタマゴですが、1個100円もするようです!
めちゃくちゃ濃厚な味でした。
玉子焼き350円、豚の角煮(450円)

右下はビーフシチューです。
立ち飲み屋さんでビューシチューをだしてくれる所は
他にあるのでしょうか?!

さぁ~お待たせしました、ステーキ君の登場です。

きたぁ~ステーキ 😯

見るだけでヨダレ、、、ものです。

めちゃくちゃいいお肉です。

やわらかい!

もちろん、お箸でいただきます。

聞いたお話では、牛一頭購入しているようです。
こんな立ち飲み屋さん他にはありません。凄すぎる 😀

取材を通じて

いろんなお店があるものです。

立ち飲み屋でこんなに美味しいお肉を出してくれる
「ぜっぴん」さんは凄すぎです。

お肉も美味しいのですが料理長の味付けもバツグンで
何を食べても美味いんです。

写真はありませんが、ホルモン料理もバツグンでした。

帰りに子供のお土産に、カツサンドを買って帰りました。
500円で、凄いボリュームです。

最後に

先日のお昼にランチを食べようと伺いましたが、一杯で入ることができませんでした・・・

口コミで広がっているようです。

ぜっぴん様の記事掲載をしている最中、お腹がグウグウで
写真で白飯が食べれそうな勢いでしたぁ(笑)

このお店、ほんまに知っとかな損やで!