2010年10月

【経営者向けイベント情報】 第2回 商売繁盛勉強会 in 加古川

hyogo 2010年10月31日 by hyogo

第 2 回 商売繁盛勉強会in 加古川

主 催 : ひょうご商売繁盛倶楽部

協 力 : おおさか商売繁盛倶楽部/なにわビジネス読書会

イベント担当 : 大島マイカーセンター佐々木社労士FP事務所

◆商売繁盛倶楽部の勉強会&交流会とは

小さな会社は、大手がマネできない独自の戦略で 知恵をしぼり考え、

戦っていかなければ生き残ることができません!

そこで、さまざまな業種の皆さまと一緒に 商売繁盛について勉強ができればと思い、

『“商売繁盛”勉強会』を企画いたしました。

勉強会では、毎回テーマを定めたディスカッションや

食事をしながらのざっくばらんな意見交換で、

新たな気づきを得て、自身を高めていこうとする事をコンセプトに考えております。

異業種の経営者の方々と人脈を構築する絶好の機会にもなるかと考えます!

ぜひ、“商売繁盛”勉強会にご参加くださいませ。

◆第2回 勉強会の内容は

課題図書を読んで意見交換をしました第1回と異なり

第2回は、今年読んだお勧めのビジネス本を1冊、

お1人5分程度の持ち時間の中で紹介していただくという形で行います。

次回以降の読書会での課題図書として使いますので

ご自分のお勧めの本を読んで他の方がどう思ったかを知り

新たな視点で商売繁盛に活かすチャンスです。

第1回に参加された方も、参加できなかった方、

また商売繁盛倶楽部に興味のある方でもOKです。

奮ってご参加ください。

◆開催概要

日 時:12月7日(火) 第1部:勉強会19時~  第2部:懇親会20時~22時

定 員:10名(お早めにお申し込みください)

会 費:4,000円程度

場 所:JR加古川駅近辺で現在調整中です

☆お問い合わせ

大島マイカーセンター 賀内(かうち)

TEL:080-3682-0395 E-mail:info@o-mc.jp

または

佐々木社労士FP事務所 佐々木(ささき)

TEL:078-262-8157 E-mail:sasaki-sr-fp@kib.biglobe.ne.jp まで

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております!!

イチ押しランチ 郷土大衆居酒屋「金八」 『お造り定食ランチ 』

meki 2010年10月29日 by meki

行って来ました噂の金八さんのオススメランチの 「お造り定食」。

本日はそのご報告です。

もちろん商売繁盛倶楽部を見たとういうことで happy01heart04

『500円です。』

まずは、アナゴ・野菜の天ぷら、味噌汁,御飯が運ばれてきます。

お膳にはお刺身が乗りません。。。

味噌汁めちゃデカイです。。。

お刺身登場です

鯛、かんぱち、ぶり、サーモン、ほたての5種盛りです。

テーブルは料理で一杯です。

本日は、神戸に来ていました株式会社ワイスタイルの越野社長と一緒に伺いました。

大満足のようですheart04

fujifujifujifujifujifujifuji

【編集長より】

味噌汁、半端なくデカイです。

天ぷらのアナゴ、野菜も半端なくデカイです。

でも美味しいので、パクっと食べてしました。

特に、小野産のお米がメチャメチャ旨ったです

金八様、低価格でめちゃ美味しいランチありがとうございました。

お造り定食ランチ、ここはほんま知っとかな損やで!!

【ショップデータ】

郷土大衆居酒屋「金八」

住所:神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル1F

TEL:078-271-8868

ランチ営業時間:11:30~14:00

イチ押し社長―仕事を楽しくする会社『感動会社 楽通』田村慎太郎様

sasaki 2010年10月25日 by sasaki

こんにちは、イチ押し取材チームの佐々木ですmaple

今回は『キラリ伝播隊』の広報担当、橋尾さんからのご紹介で、姫路にある広告代理店『感動会社楽通』さんにお邪魔し、イチ押し社長の田村さんにお話を伺いました。

(佐々木)この会社を始められた経緯を教えてください。

(田村)もともとは印刷会社に勤務し、13年ほど営業をしていました。印刷会社に依頼してくださるお客様は、大きな会社から小さな会社まで様々ですが、小さな会社はPRのためにチラシを作っても、予算の関係上それ以上のことができません。そこで、取引先のPRをするために着ぐるみpenguinを作って着たり、イベント性を持たすことを一緒に請け負っていたのですが、そのうちチラシ代よりも販促費の方が高くなってしまい、会社からストップがかかったのです(笑)

そこで、会社を退職して2008年の7月に『感動会社 楽通』を立ち上げました。既存の広告代理店からのお誘いもあったのですが、広告代理店でも組織の中にいる以上、できないことがたくさんあると思い、独立に踏み切りました。

(佐々木)会社名に「感動会社」と入っていますが sign02

(田村)会社の名前を決める時に、経営者の方々が口々に「感動を与える商品・サービス」と仰るのを思い出し、この会社はお客様に感動を与える会社であることをアピールしようと思いつけました。「楽通」というのは、広告代理店は横文字が多いので、逆に漢字2文字の社名にしようと思い、いろいろ考えた中で「楽しい」という字を使うことを決め、言葉の響きと広告代理店のイメージを考え合わせて決めました。

(佐々木)「感動会社楽通」のサービスについて教えてくださいsign03

(田村)広告代理店というのは、何でも屋です。世間一般のイメージでは印刷物を売る商売だと思われていますが、「うちは良いチラシを作ります」では仕事になりません。お客様に「この会社は他とは違う」と思ってもらうことが大事です。そのためにはお客様に当社のツールの良さを体感してもらわなければなりません。

当社の営業は商品を売りに行きません。「近くに来たので寄りました」という感覚でお時間を10分ほどいただき、お客様の現在抱えている悩みをひたすら聞きます。最初は10分と言っていても、気づいたら1時間、2時間、お話を聞いていることもザラです。

それを基に、後日その悩みを解決するための提案をし、実際にチラシや名刺等のツールを使う営業の方に無料で30枚ほど提供して使ってもらいます。そしてその効果を実際に体感してもらうことによって受注につなげるのですshine

(佐々木)そこまで無料で提供するのはリスクが大きいのではないですか?

(田村)リスクをとらないとなかなか発注にはつながりません。でも営業の方に実際に使っていただいて、ツールとして有用ということがわかると、営業成績が上がるupということがお解りいただけますし、経営者様に「このツールが使いたい」という意見をしていただけます。それを聞いて経営者様は、営業成績が上がったことだけではなく、これまで意見を求めても何も言わなかった営業社員が、意見を言ってくるようになったことを大変喜んでくださるんです。ですから、安さを売りにされている会社さんのように、値段を下げなくても発注をいただけるのですflair

(佐々木)なるほど、お客様にとって一番の存在になるための戦略なのですね。

ところでさっきから気になっていたのですが、このミニサッカー場とトーナメント表は何ですか?

(田村)7月に姫路の武道館で行われた展示会に出展した時のブースです。折角出店するのだから面白いものを作ろうということで、ワールドカップを模したものにしました。また、当社の商品メニューをただ羅列しても面白くないので、トーナメント表を作り、チーム名のところにメニューを入れました。実際にこのブースを見て面白いと思っていただいた方からお声をかけていただき、発注につながりました。

営業というと、求めている人にアプローチをすることと思われていますが、いろんなことをやっていると、それを面白いと思ってくれる人が少数でもいるので、今回のようにそこから仕事に繋げるというやり方があってもいいと思います。

(佐々木)最後に、田村社長の今後の展望を聞かせてください。

(田村) 「印刷業界とはこんなもの」というのを崩したいですね。本当は価値があるものに日の目を見ていないものや、もっと売れるものはたくさんあります。こういったものに価値を生み出す仕事をしていきたいです。実際に印刷物1つで、人生が変わる人もいます。これは私が実際に体感してきたことです。この体感をもっとたくさんの人にしてもらえるように頑張っていきます。

【編集後記】karaoke

田村社長のお話を聞いていて、ビジネス本の主人公が目の前におられるのかと思うほど、「相手を喜ばす」ことが商売につながるということを実践しておられることに感心しました。起業から2年でやってきたことを、ぜひ話してほしいという講演依頼もたくさんあるそうで、そのうち本も出してしまわれるのではないかという勢いを感じました。

今後も新しい仕掛けをいろいろと考えておられるようなので、どんなことをされるのか今から非常に楽しみですhappy02

〈お問い合わせ〉

感動会社楽通 〒672-8041 兵庫県姫路市三条町2-23

TEL:079-260-6837 FAX:079-260-6839

ブログ:感動会社楽通のハイ!喜んで!!日記!

←課長様です