イチ押しサービス:カッコいい洋楽オヤジの集まる服屋さん BIGMAN様

itani 2010年9月27日 by itani

こんにちは、イチ押し取材チームの居谷です。

今回はお店のPRアドバイザー祐末様からのご紹介で、

モトキタにある『洋楽オヤジの集まる服屋さん BIGMAN』様にお邪魔してきました。

当日は目木編集長、佐々木さんとJR元町駅で待ち合わせ、さっそく出発!

東口を北側に出て、サンセット通りを西へ・・・、

するとファミリーマートを越えたところにお店を発見。ほんと駅からはあっという間です。

お店に入ろうと思ってまず驚くのは『セッション 0円』と書かれた看板。

マクドナルドの『スマイル 0円』見たことありますが『セッション 0円』とは何だ??

そんなことが気になりながらお店に入ると、

次は服よりも先に目に飛び込んでくるCDやギター、そしてレコードのジャケット。

確か今日は服屋さんの取材と聞いていたが・・・

と思っていると奥から店主の浜岡さんが「こんにちは~」と優しい笑顔で迎えてくれました。

まずは恒例の名刺交換、するとまたまたビックリ!名刺のお名前が『エリック・浜岡』(ギター担当)となっている??

どこからどうみてもこの人は外国人には見えない・・・^^なんて思いながら取材がスタート。

karaokeQ.お店をスタートしてどれくらいですか?

そうですねぇ、10年くらいですねぇ。

もともと服屋として独立を目指していたので、

大学卒業後アパレル商社で輸入や卸などについて勉強した後、

転職して販売を勉強しました。3つ目にドイツの某ファッション

ブランドに就職して、西日本を統括する責任者をやるくらい頑張っていましたが、

目標は自分でやることでしたから、そこを退職してこの店を始めました。

以前はインポートを扱っていたそうですが、今は『着る人の身体にフィットした服』を追い求めてオーダーに転向。

しかもとことん『MADE IN JAPANの服』に拘っておられます。

karaokeQ.オーダーにこだわるようになったのは?

例えば男性にとって「仕事=戦いの場」だと思うんですね。

なので「スーツ=戦いに行く服」昔で言えば「鎧」ですから、

やっぱり「パリッ」としたモノ、言わば『パワースーツ』を身に着けてもらいたいと思うんです。

別に高級でなくても良いので・・・。

そう考えるとどうしてもインポートだと海外の人の体型にあったデザインなんで、

それを無理やり切って丈を合わせても全体的にはやっぱり格好良くないんですね。その事が

ずっと悩みでした。だから思い切ってオーダーにしたんです。

実際「上手くいくから、大切な商談の時にはここでオーダーしたスーツを着ていきます。」

というお客様がいらっしゃって・・・そんなこと聞くともの凄くうれしくなります

ねぇ。と終始笑顔のエリック・浜岡さん。

そして取材はいよいよ本題に・・・

karaokeQ.BIGMANの他店にはイチ押しを教えてください。

うちのイチ押しですかぁ・・・

正直、生地や縫製などは他店に行っても同じものがあるかもしれません。

(えらい正直者ですねぇと居谷も感心・・・)

でもBIGMANだけにしかないものといえば・・・

うちではお客様の好きな音楽をリクエストしてもらって、その曲を流しながら。服を選んでもらっています。

ええ音楽聴いて元気になって、ちょっとええ服を作る。それって元気になるじゃないですか。

それがBIGMANのイチ押しですねぇ。

常連さんになると自分で好きなCDを持ってくる人がいるんですよ(笑)

そうそう、中にはギターを持って来るお客様もいるんですよ。

Q.なんで服屋にギターを持参されるんですか??

いやぁ、僕がギターやっているのをblogやmixi、twitterで見て、

なんか道場破りのような「たのもう!」みたいな感じで来てくださるんです。

初対面でも、ちょっとどんな音楽が好きかなんて話をしてから、

いきなり顔をつき合わせてセッションが始まるので、周りは気持ち悪そうに見ていますよ(笑)

ここでやっと看板の『セッション 0円』の謎が解明。

そんなお話を伺っていると編集長が「これいくらですか?」と一枚のチーフを発見。

あぁ、それは1260円です。

早速購入して、胸ポケットに・・・。笑顔になったところで一枚、パシャ!

こちらでは、オーダーシャツを作る際に余った生地で

チーフやカフスを作ってくれるそうで、合わせるとかなりお洒落ですよ。

それにしても1260円はお得!

他に裏地や袖口のネームも、好きなアーティスト名や曲目などを入れる方も多いようです。

ほらエリックさんの袖口にも『E.Clapton 』の刺繍が!

この後も「お客様が出演するインストアライブの話」

「50年代ジャズメンのスーツをオーダーされた話」

「クィーンが初来日の記者会見で着ていたジャケットをオーダーされた話」など、

音楽や服のお話が繰り広げられたのです。

取材を終えて

音楽関係の店と間違って入ってくるお客様がいるくらい、

CDや本、そしてギターなど音楽に関するものが豊富なBIGMAN様。

その多くはお客様が「ええのあったよ~」と持ってきてくださったものらしいのです。

それもエリックさんの人柄を表す1つのエピソードだと思います。

普段スーツを着ている人にとって、オーダースーツは憧れの存在ですが、

どこで作ったら良いの?、値段が・・・と一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

私もそんな一人です(笑)

そんな人には「気軽に一度BIGMAN様を訪ねてみたら面白いよ」と強くオススメします。

生地やカタチも大切だと思いますが、私ならまずは「お客様に喜んでもらおう」という姿勢が滲み出た人にお願いしたいから・・・。


お問い合わせ

洋楽オヤジの集まる服屋さん BIGMAN

※女性のオーダーシャツも受付けております。

TEL&FAX 078-392-0519

神戸市中央区北長狭通4-7-3

mixiコミュニティー http://mixi.jp/view_community.pl?id=3128101

ブログ http://bigman.dreamlog.jp/

ツイッター http://twitter.com/yougakuoyaji

コメントは受け付けていません。