イチ押し代表 : 神戸ウーマン 代表 飯尾さま

hyogo 2009年12月21日 by hyogo
本日は大和社会保険労務士事務所の代表 大和雅美さんからのご紹介で
神戸ウーマン代表の飯尾絵美さんに突撃取材してきました。
神戸を中心に、女性の皆さんに幸せになって欲しいと
たいへん面白いサービスを展開しています。
過去の経歴もユニークでどこにも負けないサービスの持ち主です!
どこにも負けない
私は、もともとお見合いパーティの司会者を3年間やっていました。
外から恋愛を見てきたことで多くのこと学ぶことができました。
司会を務めているうちに、
「これはカップルになるな!」と思った場合は、
ほぼ的中で当たるようになりました。
やはりモテる男性、人気のある女性は、
「回りがよく見えて、空気をよんでいる人、相手を気づかうことができる人」
なんだと分かるようになりました。
この経験を活かし、恋愛セミナーを開催したところ大好評で
これをビジネスとして本年4月より展開するようになりました。
わたしの考える男女の仲というのは、
「お付き合いするまで」「お付き合いしてから」に絞られます。
特に、相手を気づかう姿勢は
お付き合いしてからの“結婚後”も大変重要です。
最近では、既婚者向けの研修も行うようになりましたが
これも大変好評を得ています。
わたしの考え方の視点は
両親が仲がいいと子供もうれしいと思うんです。
その結果として、子供はすくすく育つと思うんです。
みなさんはどう思いますか?
しっかりとコミュニケーションとれていますか?!
ちょっと胸がチクっとした人は
是非、研修を受けにきてくださいネッ(笑顔)
取材を通して
恋愛アドバイザーをされているということで
「どんな取材となるのか?」と思ったのですが、
飯尾代表の考え方の奥深さに感動した私でした。
とくに、男女の仲の「お付き合いしてから」の部分で
婚約後、“両親の仲がいいと、子供がすくすく育つ”の言葉に
考えさせられるものがありました。
子供は素直なものです。
わたしの子供は2歳ですが、
私と家内が口喧嘩すると笑顔がありません。
悲しい顔をしています。きっと何か感じることがあるのでしょう。
私の知人でも、
子供にこれ以上、夫婦仲が悪いのを見せたくないから別居、
そして最終的に離婚したというケースがあります。
飯尾さんは、仲の良いの親子関係は、子供をすくすくと育て
こういった家族の繋がりが、たくさん広がることが
現在の世の中に必要ではと警鐘されています。
取材を通じて、「仰るとおり」を何回連発したか分かりません。。。
口々に「よく最近の若者は・・・」という言葉は
相変わらず絶えませんが
大人に多くの責任があるようにも思います。
子供は大人を見て育つともいいます。
ちょっと夫婦間の仲でコミュニケーションが円滑にとれていない方は
是非、研修を受けてみてください。
また、この飯尾代表、いろいろとされているんです!
皆さんは「護身術」って聞いたことありますか?
よくテレビとかで強そうな師範のようなオジさんが出てきて
腕とかひねって、「アイタタタ」ってやっているやつです。
この護身術を教えているんです。
飯尾代表曰く
「テレビでやっているような男性の護身術は女性には出来ないんです、、、」
女性が一番怖いのは上から乗られる、こかされることです。
女性が襲われることを想定してできた護身術が「インパクト」というものがあります。
私自身が2年ほどストーカー被害にあったり、
すんでいたマンションで強盗がはいったりと
身近で危険を感じたことがありましたので
自分の身は自分で守らなければと取り組みをはじめました。
自分を守ることができる自信があることで
相手にNOといえることができると思うんです。
現在、子供と2人で住んでいるので
自分のためでもありますが、子供も守ることからも
はじめたことがキッカケでもあります。
強姦事件は報告ベースで年間2万件、そのうち室内での犯行が7割なんです。
自分は大丈夫!とみなさん思われているかもしれませんが、
備えあれば憂い無しだと思います。
護身術の先生はほとんどが男性ばかりです。
女性の力、女性の気持ちを知った私だからこそ
できるサービスだと考えています。」
自分の経験もあり、沢山の女性に襲われることを
想定した護身術「インパクト」を広めたいとのことです。
お若いのに立派だなぁ~と関心関心です。
あと、私が面白いなぁ~と思ったサービスのご紹介です。
「管理者向け、モテ力養成コース」
飯尾談
「たくさんの女性を部下を持つ男性の方は多いと思うのですが
口々にいうのが、「全く言うことを聞かない!」「何を考えているか分からない」などなど
否定的な言葉ばかりです。
難しいことを考えるのではなく
要は女性メンバーは(上司に対し)心を開いていないから
コミュニケーションが上手く取れていない。
これにつきると思うんです。
この上司は部下から全くモテていないのです!
恋愛も仕事も同じ、異性間との円滑なコミュニケーションは
相手を「認める=好き」になるところから始まると考えます。
会社で上司がマネジメントをする上で、
部下からモテないと周りはついてきません。
部下が心を開かなければ、いつまで経っても平行線。
モテ力で組織の円滑化を図りませんか?!」
この管理者向けの「モテ力養成コース」が、ウケにウケているようです。
これは取引先との商談にも使え、相手に心を開いてもらえなければ
スムーズな商談はできません。
営業マンの研修としても採用している企業もあるようです。
この「モテ力」をつくる企業研修が大人気とのこと。
「モテ力」で相手の心を開き
コミュニケーションでお互いの仲を円滑にする
新たな研修、みなさん如何ですか?
わたしもさっそく受けてみたくなりました!
このモテル力「モテ力」で
来年は商売繁盛したいと思う編集長でした(笑)

本日は大和社会保険労務士事務所の代表 大和さんからのご紹介で
神戸ウーマン代表の飯尾さんに突撃取材してきました。

神戸を中心に、女性の皆さんに幸せになって欲しいと
たいへん面白いサービスを展開しています。
過去の経歴もユニークでどこにも負けないサービスの持ち主です!

ho1

Q.ここだけは絶対に負けないところ、イチ押しサービスについて教えてください。

私は、もともとお見合いパーティの司会者を3年間やっていました。
外から恋愛を見てきたことで多くのこと学ぶことができました。

司会を務めているうちに、「これはカップルになるな!」と思った場合は、
ほぼ的中で当たるようになりました。

やはりモテる男性、人気のある女性は、
「回りがよく見えて、空気をよんでいる人、相手を気づかうことができる人」
なんだと分かるようになりました。

ho2

この経験を活かし、恋愛セミナーを開催したところ大好評で
これをビジネスとして本年3月より展開するようになりました。

わたしの考える男女の仲というのは、
「お付き合いするまで」「お付き合いしてから」と考えています。

特に、相手を気づかう姿勢は
お付き合いしてからの“結婚後”が大変重要です。
最近では、既婚者向けの研修も行うようになりましたが
これも大変好評を得ています。

わたしの考え方の視点は
両親が仲がいいと子供もうれしいと思うんです。
その結果として、子供はすくすく育つと考えます。

みなさんはどう思いますか?
しっかりとコミュニケーションとれていますか?!

ちょっと胸がチクっとした人は
是非、研修を受けにきてくださいネッ(笑顔)

ho3

取材を通して

恋愛アドバイザーをされているということで
「どんな取材となるのか?」と思ったのですが、
飯尾代表の考え方の奥深さに感動した私でした 😀

とくに、男女の仲の「お付き合いしてから」の部分で
婚約後、“両親の仲がいいと、子供がすくすく育つ”の言葉に
考えさせられるものがありました。

子供は素直なものです。

わたしの子供は2歳ですが、
私と家内が口喧嘩すると笑顔がありません。
悲しい顔をしています。きっと何か感じることがあるのでしょう。

私の知人でも、
子供にこれ以上、夫婦仲が悪いのを見せたくないから別居、
そして最終的に離婚したというケースがあります。

飯尾さんは、仲の良いの親子関係は、子供をすくすくと育て
こういった家族の繋がりが、たくさん広がることが
現在の世の中に必要ではと警鐘されています。

取材を通じて、「仰るとおり」を何回連発したか分かりません。。。 😳

口々に「よく最近の若者は・・・」という言葉は相変わらず絶えませんが
大人に多くの責任があるようにも思います。
子供は大人を見て育つともいいます。

ちょっと夫婦間の仲でコミュニケーションが円滑にとれていない方は
是非、研修を受けてみてください。

ho8

また、この飯尾代表、いろいろとされているんです!

皆さんは「護身術」って聞いたことありますか?

よくテレビとかで強そうな師範のようなオジさんが出てきて
腕とかひねって、「アイタタタ」ってやっているやつです。
なんと、この護身術を教えているんです 😯

飯尾代表曰く
「テレビでやっているような男性の護身術は女性には出来ないんです、、、
女性が一番怖いのは上から乗られる、こかされることです。
女性が襲われることを想定してできた護身術が「インパクト」というものがあります。

私自身が2年ほどストーカー被害にあったり、
すんでいたマンションで強盗がはいったりと身近で危険を感じたことがありましたので
自分の身は自分で守らなければと取り組みをはじめました。

自分を守ることができる自信があることで相手にNOといえることができると思うんです。

強姦事件は報告ベースで年間2万件、そのうち室内での犯行が7割なんです。
自分は大丈夫!とみなさん思われているかもしれませんが、備えあれば憂い無しだと思います。

護身術の先生はほとんどが男性ばかりです。
女性の力、女性の気持ちを知った私だからこそ
できるサービスだと考えています。」

ho7

自分の経験もあり、沢山の女性に襲われることを
想定した護身術「インパクト」を広めたいとのことです。
お若いのに立派だなぁ~と関心関心です 😯

あと、最後にもう一つ!

私が面白いなぁ~と思ったサービスのご紹介です。

「管理者向け、モテ力養成コース」

飯尾談
「たくさんの女性を部下を持つ男性の方は多いと思うのですが
口々にいうのが、「全く言うことを聞かない!」「何を考えているか分からない」などなど否定的な言葉ばかりです。

難しいことを考えるのではなく
要は女性メンバーは(上司に対し)心を開いていないから
コミュニケーションが上手く取れていない。

これにつきると思うんです。
この上司は部下から全くモテていないのです!

恋愛も仕事も同じ、異性間との円滑なコミュニケーションは
相手を「認める=好き」になるところから始まると考えます。

会社で上司がマネジメントをする上で、部下からモテないと周りはついてきません。
部下が心を開かなければ、いつまで経っても平行線。

モテ力で組織の円滑化を図りませんか?!」

ho5

この管理者向けの「モテ力養成コース」が、ウケにウケているようです。

確かに面白いサービスです 😀

これは取引先との商談にも使え、相手に心を開いてもらえなければ
スムーズな商談はできません。
営業マンの研修としても採用している企業もあるようです。

「モテ力」で相手の心を開き
コミュニケーションでお互いの仲を円滑にする
新たな研修、みなさん如何ですか?

わたしもさっそく受けてみたくなりました!
このモテル力「モテ力」で来年は商売繁盛したいと思う編集長でした(笑) 😎

ho4

とにかく女性に幸せになって欲しい!
素敵な家族を築いて欲しい!
と積極的に動かれている飯尾代表でした。

企業データ
神戸ウーマン http://www.kobewoman.net/

コメントは受け付けていません。