祇園の古美術商 八木美術店

kurahashi 2011年7月15日 by kurahashi

どうも、初めまして。

この度、京都エリアの学生マネジメントチームディレクターとして活動することになった倉橋です。

 

さて、記念すべき京都エリア最初の取材先は我が「商売繁盛倶楽部」目木編集長のご紹介で
八木美術店さんに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主の八木 毅さんは戦後から数えて3代目で、目木さんとは学生時代からのご友人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はご覧のとおり、多種多様な骨董品が並べられており、一見さんでも入りやすい雰囲気になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所が祇園にあるという事で著名人も多く来店されているとのこと。

最近では中国の方が多く買いに来られていて、中国製の骨董品をたくさん買っていくそうです。

 

 

 中国では今、お茶を入れる時に使う鉄瓶銀瓶がブームで良く売れているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見せていただいた商品にはすぐには開かない仕込み箱やとても大きなキセル
さじを爪に塗って鼻から吸う「壺(びえんこ)」という嗅ぎタバコなど
日頃めったにお目にかかれないものばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての取材という事で取材前は緊張しましたが、
八木さんも話しやすく気さくな方で大変リラックスして取材させて頂きました。

八木さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、皆さんも祇園にお越しの際はお立ち寄りください。

もしかしたらすっごいお宝に出会えるかも・・・

本当に知っとかな損やで!!

 

〈店舗情報〉
八木美術店

〒605-0088

京都市東山区新門前花見小路西入西之町234番地

 

コメントは受け付けていません。