2011年7月

一日陶芸体験 ギャラリー道半(みちなかば)

kurahashi 2011年7月27日 by kurahashi

 

どうも、産学連携事務局 学生マネジメントチーム ディレクターの倉橋です。

 

一押しグルメに引き続き、ギャラリー道半「ONE DAY 陶芸SCHOOL」という

一日限りの陶芸体験が出来るという事で実際に陶芸を体験してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので実用的なジョッキを作ろうと思い、作業に取り掛かりました。

最初の土ごろしというロクロの中心に土を据え付ける作業までは店員さんが

準備してくれるので、誰でもすぐに陶芸を開始できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足でロクロの速度を調整しながら両手を使って形を整えていきます。

ジョッキは深さがあるので両手をフルに使って伸ばさないといけない

ので形を整えるバランスが大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形が整えば指で底の淵を押し当て、紐でロクロから切り離します。

ロクロからジョッキを持ち上げる瞬間が一番ドキドキしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、5色の色で自分の好きなように絵を描くことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵付けが完成すれば最後に2度の「焼き」作業を経て完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ってから約1ヶ月で完成するので、今から楽しみです。

 

値段は大人1,500円、小人1,050円です。

予約も出来るので夏休みを利用して、皆さんも是非陶芸に挑戦してみてはどうですか?

 

本当に知っとかな損やで!

 

【お店情報】

ONE DAY 陶芸 SCHOOL

ギャラリー道半(みちなかば)

〒606-0833

京都市左京区下鴨萩町13 木村ビル新館B1

TEL 075-702-1657

陶芸が出来るあんみつCafe ギャラリー道半(みちなかば)

kurahashi 2011年7月26日 by kurahashi

こんにちは!倉橋です。

今回は北山にあるカフェ、ギャラリー道半(みちなかば)さんにお邪魔しました。

実はここは私個人がよく利用するお店で、あんみつが有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の部屋で陶芸教室をやっている関係で、店内にはたくさんの陶器が並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、夏限定の「太陽トリノス冷麺」を注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆでたまご、キュウリ、コーン、乾麺で「トリノス」を表現。

生麺はカレー味ですが、しつこさがなくさっぱりしていて美味です。

夏らしいピリ辛カレー出汁(だし)、といったところでしょうか。

写真から見てもわかるように、とにかくキュウリの量が半端ないです。

このキュウリは自家栽培とのこと。こだわりが感じられます。

(※提供される麺は、季節によって変わります。)

 

 

 

そして、デザートは名物「海のあんみつ」。お好みで黒蜜をかけて食べます。

こちらのあんみつ、冷麺とセットで800円という驚きの安さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあんみつは、原材料にとことんこだわって作られています。

特に寒天に使われる天草は、オーナー自らが東京まで出向いて

漁師さんに分けてもらっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その天草がこちら。ザ・海藻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあんみつ、何回食べても本当に美味しい。

甘すぎない、飽きない味です。

黒豆や餡子もやわらかく優しい甘さで、素朴な寒天と相性バッチリです。

これを食べたら他のあんみつは食べられません。

 

コンサートホールの向かいという場所柄、音楽関係の方もよくいらっしゃるとか。

掛けてある絵もセンスの良さが感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートホール以外にも植物園や鴨川が近く、周辺は閑静な住宅街と環境は抜群です。

みなさん是非!この隠れ家Cafe「道半」お立ち寄りください。

 

<お店情報>

One day陶芸 School

ギャラリー道半(Michinakaba)

〒606-0833

京都市左京区下鴨前萩町13 木村ビル新館B1

TEL 075-702-1657

 

祇園の古美術商 八木美術店

kurahashi 2011年7月15日 by kurahashi

どうも、初めまして。

この度、京都エリアの学生マネジメントチームディレクターとして活動することになった倉橋です。

 

さて、記念すべき京都エリア最初の取材先は我が「商売繁盛倶楽部」目木編集長のご紹介で
八木美術店さんに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主の八木 毅さんは戦後から数えて3代目で、目木さんとは学生時代からのご友人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はご覧のとおり、多種多様な骨董品が並べられており、一見さんでも入りやすい雰囲気になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所が祇園にあるという事で著名人も多く来店されているとのこと。

最近では中国の方が多く買いに来られていて、中国製の骨董品をたくさん買っていくそうです。

 

 

 中国では今、お茶を入れる時に使う鉄瓶銀瓶がブームで良く売れているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見せていただいた商品にはすぐには開かない仕込み箱やとても大きなキセル
さじを爪に塗って鼻から吸う「壺(びえんこ)」という嗅ぎタバコなど
日頃めったにお目にかかれないものばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての取材という事で取材前は緊張しましたが、
八木さんも話しやすく気さくな方で大変リラックスして取材させて頂きました。

八木さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、皆さんも祇園にお越しの際はお立ち寄りください。

もしかしたらすっごいお宝に出会えるかも・・・

本当に知っとかな損やで!!

 

〈店舗情報〉
八木美術店

〒605-0088

京都市東山区新門前花見小路西入西之町234番地

 

きょうと知ったはりますかタイムス準備中です

meki 2011年7月1日 by meki

京都のこんなええもん、知ったはりますか?

きょうと知ったはりますかタイムス、まもなく公開です!

「イベント・割引情報」について

meki 2011年7月1日 by meki

京都地区で気になるイベント、割引情報などを随時紹介してまいります。ご期待ください!

「イチ押し社長」について

meki 2011年7月1日 by meki

京都地区注目のイチ押し社長を取材し、紹介してまいります。ご期待ください!

「イチ押しサービス」について

meki 2011年7月1日 by meki

京都地区のイチ押しサービスを随時ご紹介してまいります。ご期待ください!

「イチ押しグルメ」ついて

meki 2011年7月1日 by meki

京都地区のイチ押しグルメを随時紹介してまいります。ご期待ください!